思い出のサンフランシスコ

久保語録
02 /22 2017


久保です。グループホームのバイトさんは、みなさん、ほんとにいい方ばかりでありがたいです。先日面接した方は、「ぼくは小学校のとき同じクラスにしょうがいがある友達がいました。ぼくは普通に遊んだりしてたけど、周りはその子と距離を置いていました。しょうがいがあったってみんな同じなのに、なんでそうなるのだろう。そんな雰囲気を変えたいと思い、教師になりたいんです」と言っていました。私はそのまっすぐな気持ちに心うたれました。

さて、話は変わりますが、大学を卒業した年にサンフランシスコでホームステイをしたときの話しです。そのステイ先には、いかにもカリフォルニア地方によくいそうな太めの気さくな女性(仮称メアリー)がいました。メアリーは普段一人暮らしでした(ご主人は離別か離婚か別居かはわかりませんでした)。娘さんが一人いるのですが、普段は別のところで暮らしていて、週末に母のところに帰ってきていっしょに過ごすのでした。

私は初めてのホームステイで、どんな感じになるのだろと思っていたのですが、メアリーが気さくで陽気な人だったので、楽しいホームステイを送ることができました。

ただ、週末に娘さんが帰って来たときがドキドキ・ハラハラでした。母と娘は初めは楽しそうに話しています。そんなときは親子水いらずを邪魔してはいけないと思い、私は自室に静かに引きこもるのですが、時々この親子は口喧嘩をし始めます。何が原因かわかりませんが、お互いがお互いをののしりあい、最後まで仲直りできないまま娘さんは帰ることもしばしばでした。ある時もものすごい喧嘩のあと娘さんはすごい剣幕で帰っていきました。残ったメアリーは一人ダイニングテーブルの椅子に座ってさめざめと泣いているのでした。大きな体の普段陽気なメアリーが泣いていると、私は気の毒になってなんとかしてあげないとと思いました。

「そうだ!鶴を折ってあげよう」。日本のガイドブックには外国人に折り紙を折ってあげると喜んでくれますよ。日本文化の紹介にもなります。と書いてあったので、私はほとんどやったことのない折り紙を覚えて何とか鶴はまがりなりにも折れるようになりました。

ここぞとばかりに自室で鶴を折って、メアリーに渡しました。メアリーの悲しい涙が喜びの涙に変わりました!「WAOH、お前は私のためにこれを作ってくれたんだね。とっても嬉しいよ。ありがとうね。ほんとにありがとうね。この折り紙大切にするよ」と、とても喜んでくれたのでよかった、よかったと、私はその晩静かに眠りにつきました。
さて翌朝。メアリーーはまた笑顔で私にあいさつと感謝の言葉を言ってくれるかな?とわくわくしながら、自室を飛び出し、リビングに来ました。あれ、メアリーはまだ寝ているのかな?ふと、ダイニングテーブルの脇にあるゴミ箱を見ると、なんとそこには、ぐちゃっとされた鶴があったのでした。メアリーの寝室からは大きな高いびき!
う~ん、恐るべし、カリフォルニア!

スポンサーサイト

一羊会「ジョイント」

兵庫県西宮市にある一羊会「ジョイント」です。何気ないジョイントの日常やスタッフが何気なく思うことを発信していけたらと思います。どうぞ、のぞいてみてください♪