スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクターはパワポの夢を見る

久保語録
03 /12 2017


久保です。今回は皆様お馴染みのパワポについて考えてみたいと思います。何かを発表するときにパワポを使うことは多いと思いますが、ここではパワポのメリットと落とし穴について考えてみましょう。

まずメリットですが、内容を整理して順序だてて発表できるところ、図・グラフ・写真などが見やすく提示できるところが挙げられます。また発表の時間配分の把握がしやすい(スライド一枚で何分くらい時間を使えば、全体としてうまく持ち時間内に収まる、という見通しがたつため)というのも、発表者にとってはありがたいことだと思います。
しかし、パワポであろうと内容の構成をしっかり作ってからスライドを作ることは大事ですね。いきなりパワポで内容を作っていくと、何となくスライドが流れていくので、内容のつながりが変でも何となくつながっているようにみえます。また、スライドに書く文は箇条書きや短いものが多いので、見やすいという利点がある一方、場合によっては内容が深まらないという弱点もあります。発表者としては、とりあえず項目をスライドに書いておいて、あとは口頭でその説明をすればいいと軽く考えると、内容が深まらないことがあります。

内容の深さより明快さを求めほうに偏ることが一方的に悪いとはいえず、ケースバイケースでしょうが、ただ表面的に明快さばかりの発表をよしとする傾向があるならばそれには疑問を感じます。また聞き手も同じように、明快であり見栄えがよい部分のみをとりあげて「ああ、いい発表だった」と満足します。そうなるとそれはお互いでお互いのレベルを下げていることになります。

またパワポに頼り過ぎると全体の流れがパワポに縛られて、パワポの説明に終始してしまう傾向があります。そうなると順番にスライドの文を読み、それに機械的に解説を加えていくという作業になってしまい、発表で最も大事な生の声で聴衆に伝えるということが疎かになります。発表とは伝える内容にどう想いを込めて喋るかが要だと思うので、聴衆から離れたスクリーンに近いところで机に座りパソコンの画面をクリックしながら、聴衆の顔をほとんど見ないで発表をしても発表者の想いが伝わるかについては私は疑問を持ちます(この意見には異議を唱える声が多い気もしますが)。

いずれにせよ、パワポに操られた発表ではなく、パワポを上手に活用した発表をしたいものですね。
スポンサーサイト

一羊会「ジョイント」

兵庫県西宮市にある一羊会「ジョイント」です。何気ないジョイントの日常やスタッフが何気なく思うことを発信していけたらと思います。どうぞ、のぞいてみてください♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。