「はい」ではなくて「は~い」

久保語録
04 /10 2017


久保です。以前一緒に過ごしていて、今はほとんど会わない利用者の方にたまに会ったとき、変わらずに「久保ちゃん」とか「ひーたかちゃん」と呼ばれると嬉しいものですね。さて話は変わりますが、みなさん、ふだん人と会話していて、話を切るタイミングってどうしていますか?会って会話しているときもそうですが、特に電話のとき困りませんか?自分としては、聞きたいことは聞いて、言いたいことは言ったけど、でもそれだけじゃ味気ないし、ちょっと別の話をしたほうがいいのかも?でも相手は忙しいかも?いや意外と相手はもっとしゃべりたいと思ってるかも。

そんなとき、相手の気持ちを計りながら上手に話をきれるアイテムが「はーい」なのです。相手の気持ちをはかりながら徐々にフェイドアウトできるんですよ。振り返ってみるとすでにみなさんもすでに使っているかもしれませんね。

「とりあえず私は言うべきことは言ったし、もうこの会話終わりたいが、相手はどうなんだろう?まだ話があるかもしれないから、むげにはきりにくいし、また仕事と関係ない話をしたいのかもしれない。だって仕事の話ばかりじゃ味気ないし・・と思うとなかなか会話は切れません。「私はもう言うべきことは全部言ったので、あなたが特に話すことがなければこの会話は終わりたいんですがどうでしょうか?」なんて私たちはイギリス人ではないからとてもそんなことは言えません。

そんなとき便利なアイテムが「は~い」なのです。「はい」ではだめです。「はい」では一見会話は終わったようになりますが、何かぎこちなくなって、またしゃべってしまいます。「は~い」は「は~い」と伸ばさないといけません。お互い「は~い」と言いながら、「もうこの会話は終わりだよね、もういいよね、お互いそう思ってるよね」という気持ちのやりとりをしているのです。相手との有効関係を崩さないためには一回だけでなく二回三回「は~い」と言うと効果的です。だんだん「は~い」から「は~~い」とさらに伸ばすことをおすすめします。そうするとさらにいい関係のまま話を切ることができます。

あと、他事業所の方との会議や業者さんとの打ち合わせなどで、普段会わない方々と改まった席で話し合いを終えたあと、そのまま終わるには何か物足りなく、少し別の話題で会話したくなったり、あるいは会話しないとこのまま去ることができない雰囲気ってありますよね。これについてはまた今度考えてみたいと思います。



スポンサーサイト

一羊会「ジョイント」

兵庫県西宮市にある一羊会「ジョイント」です。何気ないジョイントの日常やスタッフが何気なく思うことを発信していけたらと思います。どうぞ、のぞいてみてください♪